メッキシールチェーンはメンテナンスフリーでも大丈夫というのは本当か?

最近話題になる事が有るメッキされたシールチェーンはメンテ不要説

最近ちょいちょい聞くことが多くなってきたメッキシールチェーンのメンテ不要説ですが本当なのでしょうか?
この説を唱えている人の解説を見るとなるほど理論を理路整然と分かりやすく説明されているし、個人的にも間違っているとは思わないです。
ただ、いくつか触れられてないところも有ってそこはどうなの?と思わなくもない。

という訳で、実際に試してみるか!と思い立ったのが約一年前実はこの時から注油をせずにいました。

で、あと一か月ほどで一年距離にして7000キロほど走行してます、その結果がこちら

じゃじゃん!

どうですかね?因みに、この一年間チェーンの引き代に変化があるほど伸びていません。
この間無給油です、スプロケットの摩耗も僅かですね。
じゃぁ無給油で良いんだと思ったあなた!ちょっと待った!これを見てくださいな。

雨天走行後のチェーン

これは先日の雨天走行後のチェーンです、よく見てください、錆が付着してます。
これはどこから来た錆びかと言うと主にはローラーブッシュから出てきています、もう一つの発生場所はドライブスプロケットです。

ブッシュからのサビはこのチェーンはミドルレンジの製品でブッシュまでハードなメッキが掛かってないのは承知しているので想定内ですが、ドライブのほうはやっぱりなといった感じです。
フラグシップのチェーンであればブッシュのサビは出なかったかもしれないですがドライブスプロケットはスチールですから錆びます、しょっちゅう走行してれば、ブレーキディスクと同じで錆びてもすぐ取れますが、長期保管で湿気が多い場所だったらどうでしょうかね?チェーンは錆びなくてもスプロケットは錆びてくると思うのですがどうでしょう?

メーカーは何て言っているか?

ノーメンテについてメーカーに問い合わせるとどうなるか?EKの人に聞いたことがありますが、メンテナンスは行ってください、チェーンを劣化させるのは錆びだけではなく、埃や泥や日光の紫外線や水分そのものでも劣化はしますそれを保護するためにも定期的な清掃と注油は必要ですと回答されます。
これも間違いでは無いと思います、錆びだけがチェーンを劣化させるわけではないです、メンテ不要論の方もシールの劣化については触れられてないですねこれはどうなんでしょう。

ノーメンテ=ノーチェックでは無いという事

皆さんはノーメンテというとチェック不要と思っている人が多いんじゃないかと思うのですが、どうですか?メンテナンスフリーとチェックフリーとは違うということを忘れてはいけません。
メーカーが何故メンテナンス必要というかというのはどのような使われ方してもメンテナンスが不要ではないものなのだから。
基本的に清掃が行き届いていて、さびやシールの劣化が無いものであれば相当な距離を注油無しで走行できるのは私のテストでもわかります、ですが劣悪な条件下でもそうなのかというとそうではないと思います。
したがってメーカーとしては不要といってしまうとチェックすらしないで保管状態も悪いままの物でも大丈夫でないとクレームの嵐になるのが容易に想像できるので、最悪なケースを想定してメンテナンスをしてくださいというのだと思います。

まとめ

まとめると定期的なチェックと清掃が行き届いていればメッキチェーン注油しなくても相当な距離を走行することは可能
そういうことになるかと思います、と結論付けようと思ってたんですがこれを書いていて何で荒れるんだろうな?って思って行きついた答えが、みな、それぞれ目指しているところが違うということに気づいたのですよ。
どういうことかというと、通常チェーンの寿命は凡そ2万キロ程度ですが、それを超えて少しでも長持ちさせたい人はやはりこまめにオイルを注油して清掃した方が長持ちします、ですがチェーンを消耗品と割り切って交換前提で乗るなら2万キロノーメンテでも全然かまわないわけです。
競技なんかしている人はゲージでチェックして伸び始めたらすかさず交換ですしね、そういう環境で居る人はノーメンテで十分というでしょう。
他にはいちいちオイル注したりめんどくさいという人はスプレー式のルブを使ってメンテしたりでしょう、結局みんな目指しているところが違うから荒れるんだなと思った次第です、なのでどのメンテも間違いでないんですよ、なので好きなメンテを選んでね。

最後にこの一言で絞めときます
みんな目指すゴールが違うから、みんな違ってみんないい!
わかお

ではまた。