エンジェルGTからロッソコルサ2へタイヤ交換

2020年5月5日

まだ使えるんだけども

およそ一年前に交換してみたけどそれから約9000キロくらい走行してまだ走行には支障はないレベルではあるんですけど、ジムカーナ練習してるうちに、ハイグリップタイヤ履かせるとどうなるのかという興味もあって思い切って交換してみることに。

じゃあ、何にする?

じゃあ何にするか?っていうので候補に挙げたのがディアブロロッソ3、これは通勤でも使うのを考慮してグリップと温度依存やレインの性能のバランスでは結構いいかな?とか思ったんですね。

他にはミシュランのパワーRSなんかも評判も良いし、結構温度依存も少ないようで興味はあります。

で、最後に候補としてディアブロロッソコルサ2です、これは最新タイヤで発売されたばかりですので、情報も少ないんですけど、あのベストセラー名タイヤロッソコルサのリニューアルですから期待できますし、パワーRSを相当意識してきていますので、悪くないんじゃないかな?逆に相当パワーRSが脅威なんでしょうね、ピレリがこれだけ言ってくるということは逆にパワーRSに興味湧いてきたw

とはいえ、最新タイヤの興味には抗えず、今回はロッコル2をチョイス、注文しました。

で、来ましたよ。

何かラバーの境目がはっきりわかりますね。

交換です

早速タイヤ外して交換します。

バルブコア抜いて空気抜いたらタイヤレバー使ってビード落とします。

今回慣れたのもあってかあっさり落ちました。

ハイ外れたw

もう3度目にもなると手慣れたものです。

今回はバルブも交換します、古いバルブをカッターで根元をカットして新しいバルブを冶具使って入れます。

リアも同じように交換します、リアは太いのでちょっと外しにくい。

それでも、そんなに太くないので楽な方ですけど。

交換済んだら、ガソリンスタンド待って持って行ってエア入れてビード上げします、めっさ簡単にビード上がった、やっぱ柔らかいんですかね。

交換したら、バランスをとって車体に取り付けたら完了

バランスウエイト前後とも少なくて済んだ。

パターンカッコイイぞ!スパコルのイナズマパターンを真ん中でぶった切って、更にバターンを追加した感じですね、エッジ付近はパターンがほぼ無いですね、おかげでスリックタイヤなどについてるウエアインジケーターがありますね、丸いくぼみの奴です。

インプレッション

で、交換後軽く試走して皮剥きにいつもの練習場によって軽く走行してみました。

乗り心地がエンジェルよりもいいかも?空気圧は今回車輌指定の空気圧で走りましたが、エンジェルよりもしなやかな感じを受けます。

温度依存はこの時期だとほぼ感じないかな

街乗りや負荷の軽い領域ではエンジェルとフィーリングは似てます、そこはPIRELLI同士と言ったところですかね。

でも、バンクするスピードは早いですね、パタンと倒れます。

そこからバンクを深くして行って負荷を増やしていくとグイグイと曲がっていく感じが強くなります。

切り返しとかは早いかな?まだしっかり走ってないので雰囲気だけですけど。

スラロームや回転で中途半端な負荷だと少し滑る感覚が伝わってきますね、ただそれもそれほど不安感あるものでは無いです。

総じて街乗りからサーキットまで安心して走れる良いタイヤだと思います。

今回は皮剥きも兼ねての軽く走らせた感想なのでこんな感じですね、ウエットやもう少ししっかり走らせた時の感想はまた今度更新します。

試走後のタイヤ、まだしっかり負荷かけてないのでこんなもん。

耐久性はそれなりにありそうです。

ではまた。