タイヤ交換その2

タイヤを車体に取り付けます

まずはリアですが、その前にせっかくなのでサスアーム内側とか、普段手が入らないところをキレイにしときます。

あとはバラしたついでにブレーキのメンテします。

清掃からピストン揉み出しからのグリスアップ。

仕上げに

ブレーキパッドが残り少なくなっているので交換します。

今回使用したのはべスラメタルパッド シンタード ”ZV-VD147/2JL”を買いました。

型番に注意してください、ZV-VD147/2JLです、2が付かないものはパッドの厚みが厚すぎて取り付け不可ですので注意が必要です。

他メーカーでも同様な事があるかもしれないので形状だけで判断せず、本当に適合するか確認したほうが良いです。

例えばゴールデンパッドはリアには適合がないのですが、同形状のパッドはあるので付けようとしたら厚みがありすぎて付かなかったという事が有ったようです、道理で適合無いわけだ。

話は戻って、残量的には限界まで1ミリ位は有るのでもう少しは使えるけど、バラしたついでです。

ゴールデンパッドはVTRで使ったとき、奥の方で効く感じでリアには使いやすかったんですがベスラはどうなんでしょうね。

で、タイヤを取りつけてアクスルを締め付けます、アクスルの締め付けトルクは100Nmです。

次はフロントですが、こちらもキャリパー清掃からのグリスアップして組み込み。

こちらのアクスルのトルクは65Nm、アクスルピンチボルトは23Nmです。
で、最後にタイヤワックス使って組み込んでるのでヌルヌルするし、このままでは危険なので台所用洗剤とたわしでゴシゴシして水で流してヌルヌルが取れたら完了です。

※タイヤを洗剤でゴシゴシするのはタイヤによろしくないという話もあるので、お勧めはしません。



ピレリのパターンはどれもカッコイイと思うんですがどうでしょう?
テスト走行行きたいところですが午後から用事なので、お預けで明日の通勤が最初の走行になりますね。

感想は来週にでも。