自分に不足する物を身につけたい! MSGCに参加してきました

いろいろ足りないものを身につけたい、知りたい

最近うまく行かなくてずいぶん空回りしてる感、そういうのを感じてて、自分一人で練習するだけでは限界かな~という事でこういう時には色々教えてもらうに限ります。

昔ラジコンで全日本選手権目指してたことあった時はホント独学で一人きりでやってたんで行き詰っても誰にも聞けないし見てもらえないし、結果でないしで色々環境変化もあって自然と遠ざかってしまった経験もあるのでこのままだとバイクもそうなっちゃう!

で、先達の指導を仰ぐためにMSGCに参加することにしました、丁度ノンシード選手対象の練習会をするという事で上位シード選手の指導や講習もあるそうな!これはぜひ受けなければ!!!

やってきました

MSGC会場のHST四国にやってきました

HST四国 トライジムカーナ大会でもおなじみです

私が到着したときはまだ自走組が一人もいなくてトランポ組が少々いるくらいでしたが時間がたつにつれどんどん人が増えて結構な人数になってました、そこまで集まると思ってなかったのですが意外でした。

準備するうち受付も始まったので受け付けでもらったお品書き

今日のお品書き

通常のMSGCだと計測コースが二本あるそうなんですが今回は片方はトレインコースになってます、計測コースもパイロン間隔も広く回転も少なく分かりやすいコースになってますね。

そして今回の講習はライン取りの講習とブレーキングの講習をやるそうで、これは楽しみです。

で、講習の時刻になったので、ライン取り講習を受けました、まず座学でライン取りの考え方を教えていただきました。

座学受けていると学校の授業みたいです。

テーマはズルという事らしいです、別にずるいことをするわけではなくタイムアップするために必要なラインの考え方の話なんですけど、聞いててはぁ〜これは考えたこと無かったというのが沢山あって勉強になりました。

座学が終わったら実際に講習エリアで座学の時に教わったラインを意識しての走行を実際にやってみます。

まあ、言うは易し行うは難し、なかなか思った通りには走れないわけですが、それでもどう走っていけばよいかを意識するいい機会になりました今後少しでも役立てていけるようにしないとですね。

その後はトレインコースを走りこんでましが、その時に後ろからシード選手についてもらって走りのアドバイスをもらえたりしてライン取りの修正。

その後お昼の休憩を取って昼一の走行でまたトレインコースを走り始めたんですがここでタイヤが冷え切っているのにアクセル開けすぎて吹っ飛んでしまいました。

タイヤはパワーRSなんでストリート寄りのタイヤですけどさすがに冷え切ってる一発目にいきなりアクセル開けすぎですね、でもまあツーリングタイヤでも多分飛んだんじゃないかと思います。

開けすぎというより急に開けすぎましたね、もっとじわっと開けないとダメなのに。

この後もしばらく復帰して走ってたんだけど何気に足を見ると革パンの上から見てもなんか膨らんでる!!!

やべぇ超腫れてる

革パン捲ってみてみると大きなこぶが、見た人が口をそろえて折れてない?って言います。

いや、折れてたらこんな痛みでは済まないはず、それにどんどん痛くなってくるはずだし。

ケガ直後はアドレナリン出てるからあまり痛み感じないこともあるから下手すると動けなくなるよとか脅されます。

いやあ、大丈夫っすよ、とか言ってましたが流石にこれでもう一回転んだらヤバいかと思うので走行はあきらめて何人かの人に私のSVを乗ってもらったんだけどおおむね評価は良いようで、ライディングスタイルで若干フロントの動きに好みが分かれるようなのと、エンジンは650のツインでアイドルアップもなしでこれだけ開けやすくエンブレもおとなしいのはなかなかとの評価も有ったので刀のスロットルの効果は抜群だと思います、エンブレは内圧コントロールバルブとスプロケが効いてるかな?

このオフシーズン中にもう少し足回りは詰めていきたいですね、今回もらったコメントで試してみようと思う項目も出来ましたし。

結局午後の走行がケガで棒に振ってしまったのが悔やまれますが、大変為になる話も聞けてホント行って良かったです、1人で練習してるだけよりも色々上級シード選手から走り方やセッティングのアドバイスをもらうのは本当に為になります、走りに悩みを抱えている方はぜひMSGCに参加してみてください。

本日の残念写真

飛んだ時結構な勢いでぶつけたのでガリガリに。

さすがにもう交換しないとヤバそうなので新しいヘルメット検討しなきゃ。

ガリガリ君

家に帰って足見たらこんなことに!腫れ方が尋常じゃない!(結局折れてなかったですが)

メッチャ腫れてる

今日のセッティング