スズキファンライドフェスタ2019 HST四国に行ってきました

今年もファンライドフェスタ行ってきました

今年もファンライドフェスタに行ってきました、去年は鈴鹿ツインサーキットでやってたのですが今年は無くて大阪で二日開催が有って、それに行こうかと思ってたら用事が出来て断念、HST四国の奴に参加してきました。

が、ずっと雨予報でそれでも前日に晴れそうな予報になったりコロコロ変わる天気でどうしようか迷いましたが、思い切っていきました。

幸い道中はほとんど雨も降らず、雨具は使わなくて済みました。

ちょっと蒸し暑い

現地に到着したときはずいぶん早かったのでまだ人が一人くらいしかいませんでした。

受付は9時半からなので並んでいる試乗車を眺めながら待ちますが、段々雨が降ってきました。

刀は6台も有ります

今年は試乗は最大3台までらしいです、去年は4台くらいは乗れたのですけどね。

まあともかく、絶対人が多いであろう刀の列に並びます、早くから来てたおかげで、一番最初にのることが出来ました。

新型刀

まずは新型カタナです。

待ってる間にだんだん雨が強くなってきました

ポジションはややシート高が上がっているので若干足つきがベース車より悪くなってますが、177センチ81キロの私だと片足べったり両足も微妙に浮きそうかな?っていうくらいの感じですね、小柄な人はちょっときついかもですね。

色々言われるハンドルですが、私の体格だと結構良いかな、当初高すぎくね?とか思ったけど、シート位置も上がってるので結構いい位置に来ますね、もちろん小柄な人はもう少し低くとか近くが良かったりはしそうです。

走ってみると話題に上がっていた非線形スロットルの違和感は感じなかったですね、普通に走れますしスムーズです、正直ハンドリング的なものは距離も短いうえにコーナーもほぼ無いコースを二週するだけなので良く分からないですね、ただ、乗りやすかったのは確かです、あとで乗るSVのL9モデルのほうがやや切れ込みとかも有って癖を感じるくらいでした。ブレーキもしっかりしていてリニアな効き方タッチも良かったです。

SV650 L9モデル

ブレーキはどんなものかしら

次はSV650Ⅼ9モデルです、またSV?とか思う人多いでしょうけど、ブレーキの変更でどれくらい変わったか知りたかったので。

乗って走りだしてブレーキタッチも効きも特に大きく変わった感じはしませんですね、同じくらいだと思います。

ただ、対向キャリパーのほうがスライドピンの摩耗とかでだんだんタッチが変わってきたりとかは少なそうですね。

あと、気になったのはなんか切れ込む感じが強い事、タイヤのせいでしょうかね?あとはいつものSVといった感じで特に何も変わらないですね、乗りやすいですし軽いし足つきもいいし、いいです。

もう一台試乗したかったけど試乗券が見当たらない、どこかで落としたのかもですね、まあ、お目当ては乗れたので、いいやという事であとはグッズを見て帰路につきました。

これからの季節にキャップ買った

今回メッシュのキャップを買っちゃいました、これからの季節日差しもきつくなるので1つあっても良いかなという事で。

あとはステッカーは試乗後にもらえるやつですね。

本当はあとはVスト1000乗りたかったけど試乗車無くて乗れずでした、来年は有るかな?

ファンライドフェスタあも今年はあとは大分で有るだけかな?行ってみたいけどちょっと遠いので難しいですね、今年のファンライドフェスタは良くも悪くもカタナ一色って行く感じで、刀の注目度の高さをうかがい知ることが出来ました、来年は少しは落ち次いでふだん通りの感じになるのでしょうかね?

また来年も行ってみようと思います。

ではまた。